THE ARTIST
OF
blomst
/

“With blomst, we have created something beautiful and meaningful.”

Wouter Dolk
Artist

美しく、意味ある何かを。blomst のクリエイションは、オランダ人アーティスト Wouter Dolkにとって、5年を超える旅となりました。伝統とモダニティ、 ふたつを深く思索し、たがいへ挑み、その果てに blomst は誕生したのです。

THE ARTIST
OF
blomst
/

A new chapter in the flower tales
of Royal Copenhagen

Created By Artist
Wouter Dolk

めまいがするほど多様性のある花々を讃える、それが blomstの神髄です。この庭を創るための花は、植物として豊かな歴史があり、なによりも個性的な美しさを備えたものをていねいに選びぬきました。blomst の花は、磨かれた感性に触れ、テーマごとの特徴をよくとらえて、ハンドペイントで描かれています。

“An interplay
between
shape and decoration”

Wouter Dolk
Artist

私は、熟達の手で描かれた一輪の花を思いもつかないアングルに配し、余白を残し、そこで花が呼吸できるようにすることができました。 絶妙なファセットを施したシェイプに配するそれぞれの花のモチーフの構図はこのデザインの核となります
– デザインと、その上に託されたものがどう見えるのか、適切なバランスを考えることは重要だからです。
そしてこのデザインはすべてを超えて、陽光にきらめき、いまに生きる花々を抱擁するのです。

“Producing a real
luxury hand-painted
dinnerware in our times,
means dedication
to decoration”

Wouter Dolk
Artist

デザインスケッチが進むごとに、花のリアルな描写、花の瑞々しさ、また究極の写実性といった要素は、自分が求めていたものではないことが次第にはっきりとしてきました。あたためて削ぎ落とし、たったひとつの何かをもとめるデザインの過程で、隠された詩を、一輪一輪のかけがえのない花にうずもれた魂をあぶりだし、秘密の言葉を見つけて、花を愛する人だけが魔法のように 語り紡ぐその言葉を解き明かすこと,それが私が目指していることなのだと、わかってきたのです。

blomstをデザインすること、それ自体が真の冒険だった-

Wouter Dolk
Artist

絶妙なファセットを施したシェイプに配するそれぞれの花のモチーフの構図はこのデザインの核となります – デザインと、その上に託されたものがどう見えるのか、適切なバランスを考えることは重要だからです。そしてこのデザインはすべてを超えて、陽光にきらめき、いまに生きる花々を抱擁するのです。

blomstをデザインするプロセスは、描かれる花々と同じように、有機的でした。 蝶がさなぎから孵るかのようにデザインが浮かび、歴史に閉ざされたかのようなブーケモチーフから今あるように変容したのです。一輪の花にスポットライトをあてるのは大きな決定でした。一輪の花に、そしてblomstとは何かを考えることに、あらたに向きあったのでした。 この絵付けの技法が新しく開発されたことで、それぞれの花のもつダイナミズムが捉えられ、花々はつややかで絶妙なファセットの上で、輝いています。